Education and Ethics

教育・倫理

警備業の職業倫理について

警備業とは

警備業は「個々のお客様の依頼」をうけて、「生命身体の安全」と「財産の保護」を仕事にするものです。
これに対し、一見似たような業務の警察は、「法令」に基づき、広く国民一般の「生命身体の安全」と「財産の保護」に任じ、社会の秩序維持を担うものです。したがって、警察官には法に基づいた各種の権限が与えられておりますが、警備員には、一般の私人として行えることと、お客様の施設内で委託された権限内での行為しか認められていません。
しかし、警備業は仕事が個々のお客様の依頼から出発するものであっても、その目的は警察の業務と結果的に変わるものではなく、社会の秩序維持に貢献する職業です。
警備業は安全・安心をお客様に与える職業である以上、信用が最大の売り物になります。

職業倫理とは

「倫理」とは人の道であり、道徳であるといえます。
その意味では、社会人として求められるものに基本的に違いがあるものではなく、「この職業にはこれが必要で、これはいらない」というものではありません。
しかし、社会的に広く認知されている職業には、その職業の特色から来る職業倫理があります。これは、その職業についている者はその仕事を一人前に行う以上は、より強く守らねばならない規範というものがあります。それが「職業倫理」だと言えます。
警備員は警察官と同様に社会の秩序維持の一翼を担うものであり、信用を第一の売り物にする以上、他の職業より厳しい職業倫理が求められることになります。後述しますが、それは一定限度で、私生活面にも及ぶものになります。

警備員としての在り方

警備員の仕事は、決められた業務をこなしていく比率が高いので、一見それ程大した仕事では無いように見えますが、流れの激しい今の社会の中で、お客様の個々のニーズに的確に対応して安全・安心を維持していくには、常に向上する意欲を持ち、努力をすることが必要です。
マニュアルでは、どのように詳細に規定したとしても、現場では最終的に警備員は一人の個人として仕事を行うことを求められているということを理解して、私たちは日々の業務にあたっております。

現任教育について

現任教育とは、現在警備員として業務に従事している人の教育です。
基本教育と業務別教育に分かれ、教育時間数(警備業の資格を持っていない一般警備員)は、基本教育が3時間以上、業務別教育が5時間以上です。

基本教育: 警備員として習得しなければならない基本的な事項で、全員が受講します。
業務別教育: 現在又は今後就く業務に特化した教育です。

基本教育の概要

1. 警備業務実施の基本原則に関すること。
2. 警備員の資質の向上に関すること。
3. 警備業法その他必要な法令に関すること。
4. 警察機関等への連絡その他応急措置に関すること。
5. 護身用具の取扱いに関すること。

業務別教育

<1号警備業務に従事しているもの>

1.警備業務対象施設に於ける人、又は車両等の出入りの管理の方法に関すること。
2.巡回の方法に関すること。
3.警報装置その他該当警備業務を実施するために使用する機器の使用方法に関すること。
4.不審者を発見した場合にとるべき措置に関すること。
5.該当警備業務を適正に実施するため必要な知識及び技能に関すること。


<2号警備業務に従事しているもの>

1. 道路交通関係法令に関すること。
2. 車両及び歩行者の誘導の方法に関すること。
3. 雑踏の整理の方法に関すること。
4. 交通誘導警備業務に使用する各種資器材の使用方法に関すること。
5. 必要な知識及び技能に関すること。

資格について

平成17年11月の警備業法の一部改正で検定資格者の配置義務が課せられました。その後、平成27年7月に長野県においても、交通誘導警備業務(公安委員会告示)の一部が改正され、平成28年1月1日より施行されます。改定の内容は、11指定路線から23指定路線に拡充されたものです。

当社では業務上必要であると思われる資格について資格手当を支給しております。また、法定資格取得費用についても見直しがされ、取得しやすい環境となりました。当社が直接携わる交通誘導業務・雑踏警備業務の他、施設警備業務や警備員指導教育責任者の資格も将来必要となります。自分のためにも、会社発展のためにも勉学・研鑽に努める必要があります。

現任教育

当社では現任教育に力を入れています。
こちらでは、基本教育と業務別教育の様子を紹介しています。

基本教育

業務別教育

Customer's Voice

お客様の声

松本少年刑務所様より所長賞詞をいただきました

3月3日朝、松本少年刑務所様表門に不審者が車両で乗り付け、怒鳴りながら敷地内に立ち入ろうとしたが、同行為に臆することなく毅然とした対応により、不審者の侵入を防止したことで松本少年刑務所様より松本営業所、佐久間惠子さんが所長賞詞を頂きました。

地元車両より信頼される警備員

川中島建設様より受注した現場におきまして、先日通行車両の方よりお手紙とタオルの差し入れを頂き、また別の通行者の方からも賞賛のメールを頂きました。

私ども警備に携わる者として、日頃ご協力頂く通行者の方にこのような評価を頂けたことは大変な名誉であり、皆様に信頼し愛される警備員となるべく更なる精進を重ねて参ります。

数々の賞をいただきました

現場の安全を守り、事故を防ぐのが当社の業務ではありますが、この様な形で当社の取り組みを評価して頂けた事は、大変な名誉であると同時に、今後も事故防止に全力を尽くして行くべく、身も心も引き締まる思いであります。

民間企業の安全大会の警備を御用命いただいた際の嬉しいお話がありました

先日、吉川建設株式会社の安全大会があり、飯田営業所は国道153号阿智村に於ける交通誘導業務で、安全な誘導をしたということで表彰されました。
現場は国道でトンネルを挟み、日によっては2km近い交通規制になる時もありましたが、各隊員が強い安全意識を持って業務にあたり、約9ヶ月間クレーム無しの無事故で終えることが出来ました。
今後も、取引先および地域の安全の為に貢献できるよう、営業所一丸となって更にレベルアップを計っていきます。

こんな嬉しいお話がありました

長野県千曲市「千曲市立屋代小学校」では学校の耐震補強工事を行ないました。
その間、子供たちに事故がないように、及び工事現場で事故が発生しないように当社が警備を担当しました。当社で担当した警備員、市川卓二さんは朝夕の子供達の登下校時を初めとして子供たちに声をかけ、子供たちも大きな声で挨拶を返してくれました。工事が終わりに近づき、親しくなった子供たちともお別れのときが来ました。その中で4年生の学級の児童たちが、警備をして私たちを守ってくれた市川さんに感謝の気持ちを伝えたいと考え、それぞれが市川さんの似顔絵を書き、有難うの一言を添えて、市川さんに渡したのです。
先生に言われた訳でもなく自主的な行動だそうですが、校長先生や担任の先生方の常日頃のご指導と暖かい学校の雰囲気を感じます。
事故のないように気配りするのは当たり前のことなのですが、市川さんには“まごころ警備”ということで表彰状と金一封が渡されました。

千曲市立屋代小学校の児童たちから送られた絵と手紙

上田営業所にて 市川隊員に感謝状と金一封を授与。

事業紹介
警備事例
求人情報

教育・倫理

各事業所紹介
長野/本社
026-225-5918
中野営業所
0269-23-3760
上田営業所
0268-29-5656
佐久営業所
0267-88-6031
諏訪営業所
0266-82-5767
松本営業所
0263-87-3627
伊那営業所
0265-76-3908
飯田営業所
0265-28-2393
上越営業所
025-539-5860
当社の特徴
当社の特徴
社員の声
社員の声
長野県警備業協会
全日警
求人情報
求人情報
求人情報